STYLE is,,,,,,,(If you don't have style,You are follower)


スタイルに関しての考察


今日はStyleに関する記事を書いてきたけれど、

DIANA VREELAND


Karla Deras 


Minjyu






3人が共通して言うことはstyleは'オンリーワンで自分らしさを象徴するもの'


その中でもMinjyu綺麗で、美しく、エレガント

Karla

My style is definitely on the feminine side
, but at the same time, it’s a bit bipolar.

と其々のコンセプトを語る



日本人はファッションの楽しみを上手に日常に取り入れると
世界に評価されることが多いが、
styleを持っている人がいるかというとそうでもない

わたしはマスクの着用の多さに感じるのだが、
individualになることを避け、風景にとけこむ


Veuxsavoir


Outstandingすることを避けfollowerになりがちな人種であるのは
周りの和を乱さないよう教育を受けてきたせいか

休日のカフェにいけば分かる
男女ともに会話は同調と共感

同調と共感ばかりに時間を費やしてきた私達は
時間をとって自分の頭で考えるということをほとんどしない

例えば美しい光景を目の当たりにした時Minjyu
ちゃんのように、書き留めるだろうか?
心に留めて、感動を反芻させ、自分のものにしようとするだろうか?


残念ながら共感ばかりに時間を割いてきたfollowerにはstyleはない
だからこそstylemは一朝一夕ではできないものなのである


Karla's Closet


styleとはなにもファッションのことだけを指すだけではない

言ってみればその人世界観つまりその人そのものなのである

その人にはその人オリジナルの信念と主張があるか
言葉の語尾を言い切れる人間であるか
そしてその主張には一貫性があるか

それは何もファッションだけではない

もちろんファッションも重要な要素ではあるが
もちろん話す言葉、振る舞い、価値観、考え方
生きる上ですべてのことを信念と主張に基づいて
朝起きた瞬間から夜寝る瞬間まで演じきることができるか

styleはナチュラルな自分から生まれるものではなく

自分を見つめながら、創っていくものなのである



Styleがあるということは圧倒的なcharm(魅力)になる
そのcharmが人を集め、パワーを集め、世に新しい価値を生む

フォロワー人生から抜け出したいのなら
他人への共感という安全な時間を抜けて
孤独にも厳しい自分らしさに向き合あい
自分だけのstyleを創ることに時間を費やそう









MAHO JULIA TAKAISHI

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿