difference of beauty in culture by ELLE magazine





今月のELLEのベストコスメアワードに面白い記事があったので紹介

世界40カ国のELLEのビューティー担当のエディターに聞いた
ワールドビューティーの最前線


フランス

『全てにおいてナチュラルであること』
見栄をはることが美しくないというフランス
前にフランス人の美に関連する本で
彼女達は見られる美容ではなく、触れられる美容に重きをおく
と読んだことがある。
メイクアップよりも、ボディクリーム
彼女達の声がやけに低いのも特徴か


韓国

『ナチュラルで健康的な女性』
去年くらい韓国ではベーグルな女の子が人気という記事を読んだ事がある。
ベーグルとは朝食に食べるパンではなくベビーフェイス+グラマーボディ
日本と同じく、美白嗜好


スペイン

女優のペネロペクルスを彷彿とさせる
『日焼けした肌、グリーン系の瞳、ブルネットの髪』
艶肌、艶髪、ボリュームのあるボディということで
アジアの基準とは裏腹、セクシー至上主義であることが伺える


ロシア

『大きな目、小さな鼻、ふっくらとした唇』
さらに肌が白いことも重要なポイントらしい。
自国にはミューズがいないらしく、
理想はスカーレットヨハンソン

タイ

『健康的で、内面が美しいこと』
人の美しさは外見ではなく、生きる姿勢にあらわれる
なんて素晴らしい美の価値観!どんな姿勢が最も美しいのか知りたい


アメリカ

『大きな目、長いまつげ、ふっくらとした唇』
意外だったのが、アメリカでは目が大きいということが
美人の条件ということ。


このように、大きな違いはないにしろ、
なんとなく国や地域ごとに違う美の価値観

例えば、アメリカに住む日本人の若い女の子と、
日本に住む日本人の子では、雰囲気が全く違う

あちらのアジア人には白肌命という信仰はないし
(むしろ、ブロンズ肌を目指し焼いている子が多い)
ヘアは黒髪のロング、メイクはスモーキーにテラコッタ肌で
ピッタリドレス、みたいな子が圧倒的に多い

同じ人種でも住む地域によって、美の価値観が変わってしまうのは
興味深いことである。




MAHO JULIA TAKAISHI

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿