DRESS TRIP;Life is pictures,Life is sceneries




人生は果てしなく広く偶然に満ちている。

偶然の出来事がきっかけで

今までの自分には考えられなかったことが起こる。

それは自分が今ある考えや物、事、人を

繋ぎ止めておかなきゃいけないという姿勢を

ふと崩した時にやってくる。





季節は秋を飛び越し、冬を迎える
あと少しで、今年が終わる

終わりに近づくと人は
1年というフィルムロールを
クルクルと解きながら感傷に浸る



去年の新年にたてたNew years Resolutionは達成したか
多くの人はその紙の端切れをいつの間にか
失くしてしまっている

今年新しくはじめたものは何か
出会った人はだれか
美しい瞬間
影響を受けた人
素敵な偶然
景色


人は過去を回想する時
右上に絵画のような画を描く
情景は一枚の画として記憶に保存されている


DRESS:GALLARDAGALANTE
Belt:Hermès

大晦日寒さとは裏腹に
暖まった幸せな街
マンハッタンのドロップボール

毎朝焼け付くような朝日に目が覚めた
マイアミの白いアパート

一人で観たBroadway show



 Head piece:et momonakia


グラスと冷えたシャンパンを海辺に持ち込み
眺めた星空

呼んでもらったカラフルなパーティーに
runwayshow

心臓が高鳴るくらい起きるのに
ワクワクした夏の朝

運命的な出会いに交わした
膨大な言葉達




手に入れたい画に向けて進んでいるのか
止まっているのか、並列しているのか
時間の不確かな感覚

人はなにか成長や向上に向けて日々を生きようとしているが
振り返った時、人生に残るものは
目にしたはずの景色(画)達である

そこに伴ったはずの感情は時が立つうちに
薄れていき、思い出せなくなっていく

過去も未来も現在(イマ)の自分が思い描く
不確かだからこそ夢のある景色(画)

そこには良いも悪いも、前進も後退もない

どんな景色を集めたくて(過去)
どんな画を描きたいのか(未来)
その画を繋ぐ因果と導線、
そこに起こる偶然が現在(イマ)であり
生きること、人生そのものである



MAHO JULIA TAKAISHI

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿