【IT♥Girl】stylist and fashion blogger Minjyu




先日のポストB-DAY GIRLで紹介した

世界で最もスタイルがある25歳Minjyuちゃん
インタビュー決行しちゃいました♥♥

あきらかにextraordinaryの彼女のセンスとスタイルは
どこからくるのか必見です!!





1.ミンジュちゃんにとってファションとは?

IT`S NOT FOLLOWING OTHERS
IT COMES FROM US



2.ミンジュちゃんにとってスタイルとは何?

私にとってスタイルは自分らしさを表現できるもの。自分らしくしてくれるものです。
私が求めているスタイルは、人を真似することじゃなく、
人それぞれ各自の個性を自分らしさを表現するものだと思います。
そしてぜったい欠かせないものは常に綺麗で、美しく、エレガントであることです。





3.毎日服を選ぶ時、買う時のモチベーションを教えて。

まずTPOをちゃんと考えてから一番自分らしいスタイリングを表現しようと心がけています。
服を買う時も一緒。もし何か目的があって買い物する時はTPOにふさわしい服を探し
目的がない場合はトレンドに左右されず、
定番でどんなアイテムとも組み合わせやすいものを探します。
またポイントアイテムとして、デザイン性があってユニークな物があったら仕事でも使えるので
んなアイテムがあったら少し値段が高くても買います。



4.尊敬するデザイナーは誰?

CelineのPhoebe PhiloとCoco Chanelを尊敬しています。
彼女たちごくシンプルで、クラシックなデザインを提案しながらも、
女性を美しく、そしてエレガントに見せてくれるのでそういうところが私はとても好きです。


 5.コーディネートはどうやって組み立てる?

まずその日に決めたスタイリングのテーマに沿って、
色や全体的なファッションイメージを決めます。
そしてポイントアイテムを決めそれにしたがって服やアクセサリー
ヘアーメイクなどすべてのバランスを考えながらコーディネートの完成します。



6.インスピレーションになるものはなに?

周りにある色んな物にインスピレーションを受けてます。
音楽や映画、美術。人々、自然、風景など目にしたり、聞いたり、触ったり、
感じたりするすべての物にインスピレーションを受けて、
かアイデアが思い出したりする時は必ずいつも持っているメモ帳にメモをしておきます。



7.韓国と日本のスタイルの違いは何だと思う?
        また日本のファッションはどういう方向性へ向かうといいと思う?

最近の日本と韓国のファッションを見ているとそんなに大きい差は感じられません。
しかし韓国の場合トレンドや流行の変わりが早く、変わるたびに前流行ってたものが消えるのに比べて
日本のファッションは人々が楽しむ色んなファッションの系統があって
それがずっと続いているところはとても面白いと思っています
日本のファッションはこれからもこういう傾向が続いて欲しいですね


 9.卒業後のキャリア、ビジョンを教えて。

卒業してからは日本でファッションスタイリストとして仕事をするつもりです。
それからは韓国、日本だけじゃなくヨーロッパやアメリカなど世界で活躍できる人になりたいし、ファッションスタイリストだけじゃなくて、クリエイティブディレクターとして、
最終的には自分のブランドを立ち上げたいです。


10.ミンジュちゃんのmottoは?

DREAM BIGGER, LIVE HARDER, LOVE DEEPER


♥♥♥♥♥♥♥
スタイルとは真似するものではなく自分らしさを表現するもの

物心ついた時から、ファッション誌を眺めては
モデル着用の全身コーデを追いかけてきたような
ordinaryな女の子にとっては一見難しいようで

だけど彼女が言うように音楽や映画、人、自然、風景など
自分にしかなかった景色を五感で感じてきたこと
それがいつの間にか糧となり、オリジナリティとなっている
今回垣間見えた彼女がextraなところは
それをきちんと言葉で表現し、記してきたということ。

過ぎてみれば忘却される日常の出来事、風景は
記すことにより、何度も味わうことができる。

それだけ彼女は一瞬を丁寧に大事に生きていて、
感じることをしてきた人だからこそ、
他の誰も真似できない彼女にしかないスタイルがある。


ファッション誌をめくるよりもエキサイティングな
彼女のブログを覗いてみてください!!
Veuxsavoir



MAHO JULIA TAKAISHI

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿