Marriage hunting



Mariage Hunting
英語バージョンの婚活をこういうのかは分からないが
昨日、はっとすることがあった

36歳で上場企業の経営者、現在婚活中らしい
その人がしきりに言う

「25だったらそろそろ婚活しなきゃヤバいよ。
ほら、結婚ってなんだかんだ2,3年はかかるじゃない。
3年後はいい年だよ」

そしてもう1人の27歳の女性には
「今すぐしないとやばいって。いるでしょ30にもなって
結婚できてない殺気立った先輩とか。見てられないよ」

経営者には2人タイプいる。
天才型とコツコツ型
この方は後者で、男性なのに親戚のおばさんのような
アドバイスに少し驚いた




正直認めよう。

確かに30過ぎて独身の女性は殺気だっていないことはない。
ただそういう人は仕事が忙しかったり、理想が高かったりなんだか
収まらなかった理由はある。
理想なんか捨てて、妥協するなら結婚なんて簡単だと思ってる。

小さい頃から毎晩、女の子はシンデレラストーリーを聞かされて育つ。
あれはある種の洗脳で、結婚さえすれば幸せになれるという意識を
植え付ける。

30overの未婚の女性がうち震えるのは、この幼少時の洗脳と
世間のつまらない観念にがっしり四方包囲されているからである

もちろん相性がよければ素晴らしい結婚もある。
あまり若くに結婚すると先が見えすぎて怖くなることもある





よく言うが、1人で味わう孤独よりも2人で味わう孤独の方がきつい

腐ってしまった縁ほど悲しいものはない
愛の欲求を満たしてくれない寂しさから
憎しみに変わってしまうことがよくある

憎しみを長年続けると、心身に影響がでてくる

この人とさえ結婚していなかったら、とまではいかなくとも
もっと他の人がいたのではないかというのは皆が互いに思う事

日本人の傾向として結婚10年目の浮気が多い
20半ばで結婚し、男が社会的に上っていった場合
ほぼといっていいほどの30後半成功者の男は浮気をしている
またはそういう願望を持ってあさっている

これは40を真近にして男として終わりたくない
という本能にも基づいているのかもしれないが
妻を女としてみれなくなる頃とも重なるのか
この年齢の旦那を持つ女は注意である

あっさりと自分もラフに遊ぶ事ができるならいいが




盛大で愛に溢れた結婚式でシンデレラのように
ストーリーが終わるならいい

ただhappily ever afterといかないことはよく分かっている

結婚後、安定はするが幸せになれるという思い込みを
捨てた方がいいということは、経験済みである

といいながらも、どういうものなのか興味はあるので
一度はしてみたいとも思う。

ただレールの上を走って波乱が待っているのを
見え透いた結婚だったら、どんなに寂しくても
やめておこう

婚活は計算の部分を含む
計算内の結婚はぴったりと計算とおりにはいかない

女性だったら、目的のために
お金を得るためのビジネスと割り切れるなら
素晴らしいかもしれない


悲観的にここまできてしまったが
腐らないまま続く縁もある

お互いがお互いを尊重し、愛し合える関係が続くことを
人は理想とし、それを叶えたならどんなに素敵なことだろうと思う

できればそうなりたいし、独身の女性は今もそれを夢みている

自分のステージごとに簡単に旦那が変えられたらいいと思う
そうはいかないのが結婚なのであろう






MAHO JULIA TAKAISHI

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿