aperitivo(life is beautiful!!)


先日も登場したこのワイン
イタリアに旅行に行った友達が
わざわざ機内持ち込みで買ってきてくれた
トスカーナを代表するCHANTIをあけてイタリアに浸る会が実現♩

Do you remember this wine?

It's CHANTI from Italy as I mentioned My best friend got this wine for me as a souvenir.
Finally we opened this wine:)



BYO(レストラン持ち込み)かお家か悩んだ末
おもてなしがしたかったのでaperitivo風に

I was thinking should we BYO this wine to the restaurant or 
fix something.

キャンティはとっても軽く、フルティーながらも土の香りがする
誰にでも好かれる可愛さとシャネルの香水を纏うような
大人の香りがほのかにするワインだった

CHANTI was very light and fruity,smells bit sand
Not only Everybody should like this wine but has sexy aspect.



豚肉のリエットが見事にマリアージュ
お肉と相性がよく、生ハムも

The wine much for meat like prosciutto and rietto




現地のイタリアン達と出かける機会が多かった彼女に聞いた話

イタリア人は
あまり働かない
お酒ばっかり飲んでいる
よく食べる
陽気

経済不安のイタリアだが、現地では深刻な人をあまり見ないと聞く
前に何かで読んだが、代々家族が所有している立派な家があり
食べていくには困る事はない
経済不安だというのに貴族のような暮らしをしている人が
多いとのこと

確かにあんなに美しい景色に囲まれて生きていけるなんて
貴族だ

日本のグレイな鉄筋コンクリートのワンルームアパートとはワケが違う

働かずとも酒を飲み、よく食べ、美しい家で暮らし豊な生活を送る



もう一つの大きな違いは接客態度

日本はだいたいの場所でVIPのような接客が受けられるけど
海外でそれが当たり前だと思うと痛い目にあう

思うに我々日本人と彼ら外国人にとって
接客のスタンスが異なるのではないか

私達ほとんどの日本人は仕事の現場で少なくとも本性はださない、
接客業なら親切な店員、
オフィスなら頭のきれるビジネスマンを演じる

海外の接客はどちらかというと素に近い
彼らの気分に左右されるが壁がない分、懐に入り込むと
思いもしなかった暖かいサービスを受けられる事がある
プロフェッショナルとはいえないかもしれないが
より自然で人間らしい

効率面や洗練を追求すると、きちんと教育された
接客の方が心地がいい

しかし中途半端は演技は相手を不安にさせるのもたしか
作り笑顔には裏腹のバックヤードでのお客の愚痴など想像してしまう

愛想が大げさにいい人ほど、裏では怖いというのはPRの時に学んだ

経済に必死にしがみつこうとせずも豊かで
人との間に壁をつくらず演じることも知らない自然なイタリア人

今後私たちが目指す時代のヒントがある


MAHO JULIA TAKAISHI

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿