Magazines VS Bloggers????




 パリコレのシーズン
昨年くらいから、コレクション会場のスナップを見ていて感じるのは
下手なファッション誌の編集長よりも、世界的bloggerの方が
いい席が用意されているということ

The season has come for the paris fashion week
I realized bloggers are served better seat than some editor in chief from fashion magazine

個人メディアがマスを打ち負かした新しい時代の到来のように見える
ブランドのPRは単純にその雑誌よりもblogのリーダーの数の方が多く、
影響力があると判断してのそれだと思うけれど

It seems like personal media won a victory over mass media.
It's just simple,bloggers has much more reader and influential  than that magazines.

ウェブという時間概念のない
多次元なようでもあり、平面な液晶におさまるこの世界で
人々の意識は行き交い、その中でも力をつけていく発信者がいる

There is no notion of the time
It looks like many dimension and flat also
people's conscious are crossing and that circumstance make powerful opinion reader

雑誌の売れない時代
娯楽が他に増えたというそれも全うな言い訳かもしれないが
単に雑誌がつまらないからという意見もよく聞く

We can't sell magazine as before
 we could excuse,there is a lot of fun stuff than magazine
But actually I often here from people ' magazine is boring'

読者はヒモ付きであった、クリエイションよりも
ビジネスを主張するそれに気づき、飽きてしまったようだ

Some readers got bored because they realize there is no creation on the magazine
but advertisement 

雑誌が売れない→販売収入が落ちる→広告収入に頼る→
大クライアントに媚びる誌面になる
などの悪循環はとまらない

ファッションや化粧品のPRにはキャラバンという
編集部にアイテムを持っていき、編集にご紹介して雑誌掲載をはかる活動があるが、
こちらは広告をだしていない、または出しそうもないブランドは
会ってもくれないということが多い

PR girl for fashion brand or cosmetic brand has caravan which they bring
their merchandise and introduce them to editors.
But they even can't make appointment to editor
if their company had  never placed advertisement.

一方で、blogは会社組織でもなければ、もともとビジネスでもなく趣味の領域
スポンサーに気を使わずに好きに書けるビジネスにはない気楽感が
クリエイションやクオリティーの追求の自由につながり
その突き抜けた世界観にファンがつく

On the other hand,Bloggers don't need to always care the client
It's more like hobby so they are free to write anything
Fan follows their out standing point of view

ファッションイベントやパーティーも雑誌なら取材から
発行されるまで約1ヶ月かかってしまうが
blogならその日のうちにリポートできるというのがblogの利点でもある

And blogger can report the event, party or collection faster than magazine

日本のファッション誌で、コレクションリポートの号が発売される頃は
コレクションウィークはとっくに終わっており
臨場感を伝えることが不可能
しかし実況中継できるブログという媒体はこういったイベントのリポートには功を奏す



ELLEのクリエイティブディレクターJoe Zeeへのインタビュー
紙媒体に身をおく彼はBloggerを脅威としては捉えず、
むしろ紙媒体での特集記事を3年前から組んでいたこともあり
メディアの未来について聞かれると
紙媒体(雑誌)とblogは共存していくと応える一方で
ブロガーはfuture(未来)だという

Here is interview for Joe Zee who is art director and stylist for ELLE magazine
His idea is not like magazine VS blog
He says they will coexist in the future and also said
They(bloggers) are future

もうブログは落ち目だという人もいるけれど
私個人的にはgoogleが区画整理をはじめ、
発言者、発言力をクリアにしだしたら
今よりもさらにweb上でのopinion leader達の力が増すのではないかと思う
想像できそうで、またはっきりしない未来の姿にワクワクする

In my opinion,once google starts to rearrange the power about writer  and article
Opinion leader can be more powerful than before.
I can't imagine exactly,but I'm excited not too distant future.




MAHO JULIA TAKAISHI

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿