JFW 2nd day :DRESSEDUNDRESSED''THE HUNGER''



DRESSEDUNDRESSED
 by Takeshi Kitazawa and Emiko Sato

二面性の結合をブランドコンセプトに
男らしさと女らしさ、モードとストリート、未来と過去、光と陰、、,
様々な要素を融合し制約のない境界線を表現
男女2人によりアクセシャルなストリートクチュールを展開する

2009: Established DRESSEDUNDRESSED.
2012: March: Presented 2012 A/W Collection at own runway show 
at Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO.
October: Nominated by VOGUE Italia chief editor Franca Sozzani 
as the Japan national finalist as special entry for the International Woolmark Prize.



今シーズンのコンセプトは1983年に制作された
デッヴィッド ボウイ、カトリーヌ ドヌーブ主演の映画
'THE HUNGER'

The season theme is the movie of 'THE HUNGER'
 It is the story of a love triangle between a doctor 
who specializes in sleep and aging research and a vampire couple
This movie featuring David Bowie and Catherine Deneuve


会場が3枚のスクリーンで仕切られ、
スクリーンの向こう側を歩くモデルはこちらには陰として映し出される
The hall was divided with the screen of three sheets
The model which walks along the other side of a screen is projected here as the shade.


会場を2分するスクリーン
赤と黒、光と陰、男と女
クラシック音楽とモダンゴシック
2面性、対局ブランドのコンセプトを随所に感じる
2 Screens which divide the hall
Black and Red,Light and Shade, female and male
dual nature,two-faced,contradiction
We could find the concept of brand everywhere





ショーのフィナーレでは会場は赤く染まる
間違えなく、ヴァンパイアのとどめの吸血を表している
At the finale of show, the hall dyes red. 
Needless to say,which express vampire's bloodsucking


ヴァンパイアのそれを彷佛させる、オーバーサイズ気味のジャケット
ディテールが美しいコットンのシャツ
ブランドらしさとリンクしたタイトなレザー使い
今回コラボレートしたMYKITAの赤いメタリックなグラスが世界観を盛り立てる



去年が初の単独ランウェイとは思えない
ストーリー性のあるシンプルながらに創りこまれた演出

I can't believe last year was the first independent runway
simple but very artificial direction
And season concept is much for brand concept perfectly 

またブランドのコンセプトが偶然にも思えるくらいに
今回のシーズンのコンセプトにぴたりとマッチした、
ブランドの世界観を伝えるのにとても分かりやすいコレクションだった


Thank you Webflakes!!
Now you can read this article in perfect english here!!

MAHO JULIA TAKAISHI

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿