【Things to do】 クアラルンプール① 朝食は中華街の漢記で魚粥を


アジアの国の朝ご飯の定番と言えばお粥。
アジアのお粥って、日本の病人食のお粥とは比べ物にならないくらい
味がしっかりついていておいしい。

私のBest of お粥は、バンコクのスクンビット通り33に朝だけでるお粥の屋台だけど、
それよりおいしいお粥を求めて、アジアでの朝は必ずお粥を発掘しに早起きが鉄則。

だいたいお粥屋さんは、朝早くからやっているので、こちらも朝型になるいいサイクル。


今回マレーシアで絶対行くと決めていたのは、生魚を入れて食べるお粥を提供している
中華街に位置する「漢記」というお店。
生魚のお粥ってちょっと怖いと思うかもしれないが、熱々のお粥に投入すると、
いい感じに魚が茹だって生臭さは全くない。
魚は鯛となかなか豪華。
パクチーと生姜のトッピングも鯛粥とは完璧なコンビネーション。
1杯、6.5リンギット(200円弱)と値段も胃に優しい(笑)


お粥で十分お腹は一杯になったのだけれど、華僑系のローカルっぽい家族がとなりにやってきて、なにやらこの麺をおいしそうに食べていたので、真似して注文してみた。
米粉麺にかかったソースは、一見バンバンジーのようなピリっと辛いものを想像していたのだけど、食べてみるとかなり甘めのピーナッツソースのような味。
甘いものが嫌いな私としてはいただけずかなり残してしまった。
こんなことならお粥をもう一杯頼めばよかった…。

ぜひ、皆さんも旅の朝は、胃にも優しく腸と肌を美しくするお粥を堪能してみて欲しい

漢記(Hon Kee)
93 Jalan Hang Lekir, Kuala Lumpur
4:30〜1:30
第2火休
TEL:なし

MAHO JULIA TAKAISHI

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿