旅を続けてホメオタシスを壊せ


ホメオタシス(恒常性維持機能)=現状維持ホルモン。人の精神が変化を嫌うのはこのホルモンのせいらしい。よく自己啓発本で、コンフォートゾーンを破って、ホメオタシスをなんちゃらかんちゃらとでてくる。

私は旅は最高の自己啓発だと思う。それはやはり「変化の連続」だから。いつまでも現状を変えたいといって変えられない人や、変わりたいと思って変わることのできない人には、強制的自己変化としての旅をおすすめしたい。

旅でかわるもの

①気温・湿度    地球のどこか、季節がいつかによってかわる
②景色       国によって、人や街並、配色、服装、建物が違う
③言語       国によって言語は違う
④性格       相手がどのような気質かということで自分も変わる
⑤音・匂い     聞こえてくることば、生活音、食べ物や街の匂い
⑥危機感      強まる(アドレナリン)
⑦歩き方      場所にあわせてかわる 
⑧服装       街にあわせてかわる
⑨ムード      気分ももちろん
⑩脳内物質     ゆえに脳内で分泌されている物質もかわる


1週間の旅行だと、帰国したらすぐに元の自分に戻ってしまうかもしれないが、
旅を続けるとまず上記が要因となり価値観や思考が変わってくる。次に性格が変わってくる。見た目が変わってくる。
→内面・外面ともに変わる

旅を続けることは変化の連続になる。現状維持が物理的に難しくなる。つまり、このホメオタシスというものがぶっ壊れる。

という理屈で、何かを変えたいのなら旅をし続けるのは得策だと思う。秘訣はやめないこと。

「自分探しの旅」で何もみつからないのは、旅を続けないからではないだろうか?

MAHO JULIA TAKAISHI

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿