People buy future expectations


物心ついてから、自分の住んでいる国はずっと不景気と言われているように思う
生まれた頃が一番活気があった時代で、今では泡のように儚かったバブルと称される
Ever since I could remember
It is said that our country has  always been in a recession.
  
自分が生まれた頃から必要なものは全て揃っていて
ゆとりやハングリー精神がないというのはごく自然で
そんな人々が成長し、社会を動かす立場になった時に
経済は停滞し、どの産業もコモデティ化している
Since I  was born,everything we need are already prepared
Old people call our generation 'yutori' or 'no hungry spirit'
Now we grow up and realize economy is  getting worse and worse
Every industries are struggling and saturated.

ニーズがないのだから、売れない
そんな事は当たり前で
○○で何億稼ぐなんとかとか
書店ではある種の夢を与えているような胡散臭い本が多いけど
実情は実績のないHOW TOをあたかもあったかのようにみせ
教育商材として高く売っているという著者が多い
There is no needs that why people don't  buy
It is very natural 

I could find the kind of book' How to earn 10 million a year' at book stores
But actual circumstance, authors  just sale 'how to thing'   for sky high price
Even they never made it 

どうにかニーズを掘り起こそうと、
人々の精神の弱いところをつき、ニーズを掘り起こす以外に
高額を稼ぐ余地がないこの国を見るとなんともやるせなくなる
I'm kind of sad If that is only way to make big money now here in japan.

ビジネス的なエンターテイメントであり
一種の夢を売っているのかもしれない
ただそのうち実体のないものは消えていくだろう
I could accept
That is one of the business entreatment 
They may sale kind of dream

でもある意味この夢が、
経済停滞の精神国でどうにかシステムを延命させる
一つのキーだと思う
In a sense,It can be a key to try to prolong our economy.

今、人々は必要消費しかしない
しかし夢があるものにはなお、お金を使う
Now we don't spend money on unnecessary things
But we spend money on things we could have dream with

例えば洋服、レジャー、趣味に関する物、ディバイス
全てのものは、その物を手にいれてからの満足ではなく
手に入れる前に「それが手にはいったらどんなにワクワクするだろう」
という期待感にお金を支払っている
Such as clothes,leisure,things for hobby,devices
They pay money on those things not for satisfaction but expectation
' If I get it,how could  be excited'

例えば洋服であれば、完璧な夜を盛り立ててくれるアイテム
そしてその夜をさらにワクワクさせるために購入するだろうし
MACのlaptopをカフェでひらく自分を想像して
旅行は旅行中ももちろんだが旅立つ前が一番ワクワクするのも事実

裏をかえせば、この購入を決定するまでの時間に
いかに消費者にワクワク感を味合わせることができるかがキーとなる

かなり当たり前のことを言っているが
物であれば元来広告がそうしてきたように
これを手に入れればこんなに素敵な日々が生活ができますよと
わくわくさせること、夢をみせることが重要

そしてこのワクワクの要素をプラスできるのが
発想のプロであるクリエイターの仕事である
And I believe a person who can make this excitement or dream is a creator  

これを手にいれたら、
あなたの人生はこんなにキラキラとして魔法のようになる
シナリオを書き、実際魔法のように演出してみせ、
ある時はマッチ売りの少女のように
ある時はカラフルなサーカスのように
ストーリーをつくる
Creator who can write perfect scenarios
show people illusion and magic
sometimes like the little match girl
sometimes like a colorful circus

クリエイターのみせる世界はできれば一貫していた方がいいし
このクリエイターになりえる素質をもっている人間は
好きだけど、お金にならない無駄なことを貫いた人間ではないかと思う
Their world view should be consistently
And a person who can be creator is 
a person who try to do favorite things consistently
 even they can't  make money with it

そろそろ、人生は魔法のようなものなのだから
クリエイションという魔法でいくらでも人生は楽しくなり
そこにパワーが集まり、魔法は現実となり
そう生きるべき時代がやってきたことに私達は気付くべきである
Now is the time to remember 
Life is just like a magic
we can make our life beautiful and fun with creation named magic 
and magic can be real











MAHO JULIA TAKAISHI

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿