H&M CONSCIOUS COLLECTION:What's your opinion of this campaign?


You can read this article in english here on



先日H&MのCONSCIOUSキャンペーンの
ローンチパーティーのレセプションにお邪魔してきた

H&Mがサステナブルを掲げるという
その意表をつく、一見矛盾に聞こえるキャンペーンに興味があった

不要になった服を持って行くと割引チケットがもらえるというので
そこは素直に2.3枚不要な服を持っていった

会場はバネッサパラディの広告がごとく緑のジャングル
サステナブルもGREENのひとつなのだろうか?

ケータリングのウォッカトニックにはフレッシュなキウイフルーツが
シルバーのトレイにはジャングルからもぎたてのような
カラフルなフルーツがばさっと盛られる

SPAブランド(H&M,ZARA,ユニクロ,Forever21)
が今のファッションの消費の形を創ったと思う

大量生産が故、低価格で最新のコレクションさながらの
トレンドのアイテムが手に入る

「高い服を長年着るのと安い服を1年で捨てるのどちらがいいと思う?」
という質問は中学生の頃から今でもガールズトークにはあがる話題

もちろんハイプライスのコレクションブランドを沢山が最善なんだろうが
バブルも弾け散って跡形もない現代、大衆には夢のまた夢

SPAにあてはまるのが安い服を1年で捨てるの後者

大衆のファッションの楽しみを生み出したが、
消費という点では、今までになく衣類のゴミを生産したのもこのブランド達

その張本人がコンシャス、サステナブルを謳うのかと!!
最初の矛盾感情に戻るが、、、

このキャンペーンの詳細をみてみよう


この説明をみると納得する
H&Mは決して、今後は大量消費をやめていいものをつくります
と言っているわけでなく、自ブランドの大量生産への
CSR部分へのソリューションを今回のキャンペーンにのせたというわけだ

サステナブルをタイトルにだしてしまったことは
大量生産のサステイン(持続)のようで賛否両論があるだろうが、
問題をみつめだしたというモーション自体はいいのではないかと私は思う


SPAブランドは色々な意味で今までのファッションの在り方を破壊した
消費者の欲求を意識したビジネスとしてのファッション

わたしが最近コレクション記事であげているような
クリエイションとしてのファッションとは対局にある

デザイナーの想いを取材して感動するのはクリエイション
ビジュアルを手軽につくるのに向いているのはSPAブランド。
世界のblogger達はこの両者を上手に組み合わせて着ているが。

クリエイションとしてのファッションの幅を思いっきりtakeしてしまった
H&Mは次は若手デザイナーへの支援とかはじめたりするのかな








MAHO JULIA TAKAISHI

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

2 件のコメント:

  1. MAHOさんの予想、あたりそう!
    あたったら、お祝いしようね♡

    akiko
    http://kimonosnack.blogspot.jp/

    返信削除
  2. 昭子さん
    わたしの予想が当たったら、H&Mにあきこさんのイラストのdressつくって欲しいです!!
    あ、でも、DVFが先ですね!!
    LANVIN×H&Mとかなら、素敵です!!

    返信削除