【See】人間はいつか肉を脱ぐ日が来るのか?


というと死ぬ時を思い浮かべるかもしれないが、
人間は、肉体よりも精神体の方向を目指して進化をしているように思える

今、人々がスマホのゲームや情報に多くの時間を費やすように
すり替わった近未来のAR(仮想現実)へ時間を費やすようになったらどうだろう?

多くの時間は肉体ではなく、精神体を使って過ごすのではないだろうか
そして、石の上にも3年座って、瞑想をする修行僧のように
肉体を使って"動く"ということがなくなるのではないだろうか

マズローの三大欲求という欲求の成熟段階を示した理論がある



第5段階 創造欲求(DIY、シェア、個人、発信)
第4段階 承認欲求(Facebook, Instagram,評価、世間体)
第3段階 所属・愛への欲求(結婚、恋人、友情、会社)
第2段階 安全欲求(家、雇用、健康、家族)
第1段階 生理的欲求(食べ物、セックス、環境)

2016年の人類は第4段階から第5段階にさしかかっているところだと思う。
時には、2,3の段階をぶっとばして、4,5までさしかかる人間も存在する。

社会の発展のために0から身を粉にして働いたのは、祖母世代(60代〜80代)
結婚や会社という枠組みを追い求めたのは親世代(50代)
私達Y世代は第4の承認を求め、
もうすこし精神の成熟度の高い人々、もしくはきっと下の世代は第5の創造に価値を見いだす。

成熟社会と呼ばれる、西洋の人々が"結婚"という枠組みを捨てようとしているのも
この3段階の欲求は彼らにとって重要なことではなくなったからであろう

マズローが正しいのであれば、これから私達は創造の時代へと突入するはずだ
創造に関わる時間に多くの時間を費やし、人生を彩っていく

これまで、資本主義や経済という"消費"が前提であった私達が
"創造"に完全シフトするというのは想像をしがたいが、
確かに巷では、DIYをしてSHAREをするというサービスや価値がメインストリームになりつつある。

そして、私が気になるのはこの5段階の次だ。
まず5段階に全ての人類が到達した世の中もなかなか想像がしがたいものだが、
人類のシナリオがこの5段階で終っていないのならこのピラミッドには続きがあるはずだ

ラップトップ→スマホ→ウェアラブルAR→内蔵型AR→人工知能との合体→サイボーグ

という、かつての人間が想像をした進化のビジョンを追っていくのなら、人間はいつか
動物+精神体の動物脱ぎ捨て、精神体になる日が来るようだ

しかし、動物を脱ぎ捨てた日には、我々がそれでも人間という定義の中におさまるのか確証はない。

その時には、もしかしたら宇宙や高次元の精神体が、重力のある肉に付着していただけと気づくようなSFのようなことが起きるのかもしれないが…。

その時、我々の最大の謎である生きる意味を知ることができるかもしれない。
とにかくマズローはこの5段階以上のことを示唆していないのだ。

これはどの分野にも言えることで、この後の世界がどうなるか均等に描いて導いていける人が不在だ

各分野ではもちろん存在するのだが、統合させて人類をひっぱっていける
明確なビジョンを持った者はアメリカの大統領候補にもいない


私達は、今この5段階の後のビジョンを描けるリーダーを必要としている。







MAHO JULIA TAKAISHI

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿