【THINGS TO DO 】BARCELONA② タパスで失敗したくないならセルベセリア・カタラナ


タパスで失敗したくないのなら、おすすめしたいお店は、ダイアゴナル駅から歩いて3分程度の場所にある「セルベセリア・カタラナ」


私は滞在中2回訪問してしまったほど、外れのないおいしいお店。最初はランチで、2回目はディナーで伺ったが、ディナーは1時間半ほど待った。(イースター時期だったことも関係するかもしれないが)各国の観光客も訪れる人気店のようだ。ランチは比較的空いていたので穴場。


ここからはセルベセリア・カタラナのおすすめタパスを紹介していこう。

まず外せないのはハモン・イベリコ。これは、日本でよく食べる単調な生ハムとは一線を画している。ドングリしか食べないベジョータからとれるハムの王様イベリコ! 薄く切られたはずのハムからジュワーっと肉の旨味が口に広がり、重厚な味が楽しめる。再訪のきっかけになった一品。


バルセロナ(カタルーニャ)名物のパン・コン・トマテ。フランスパンを細長い角切りにし、トマト、ニンニクをパンにこすりつけ、オリーブオイルに塩、こしょうをかけていただく一品。


牛ヒレのタパス。これは、初めて食べた時においしすぎて悶絶してしまった。口の中に肉汁がひろがり、岩塩とピミエントのハーモニーがたまらない。教えたくないが、この店を訪れたなら絶対試してみて欲しい一品。


これは、ランチでカウンター席に座っていた時に、となりの常連のような出で立ちのスペイン人が注文していたタパス。ポーチドエッグに乗っているこの黒い物体の正体はキャビア! お得感のある一品。


ししとうの唐揚げ。塩加減がたまらない! ビールとの相性抜群!


日本ではなかなか食べられないアンティチョークの天麩羅。スペイン語ではアルカチョファと呼ぶ。これもカラっとあがったアンティチョークのさくさく感と、程よい塩加減、素材の甘みが嬉しい!



そして、シーフードが豊富だからこそ食べたいえびの香草焼き。たっぷりレモンを絞って召し上がれ。



住所 Carrer de Mallorca, 236
最寄り駅 ダイアゴナル駅
営業時間 8:00-1:30
年中無休

MAHO JULIA TAKAISHI

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿