【Why don't you???】自分で創っちゃったらどう?


Why don't you?
形にばっかりとらわれてないで
自分で創っちゃったらどう?

この星に住む人間達は
いかにも漠然とした夢を持つわよね

「テレビに出たい」とか
「本をだしたい」とか
「画家になりたい」とか
「スポーツ選手になりたい」とか???

まあ、上記は小さい頃に描くスイートな夢で
もっと現実的で地味な夢が多いのかもしれないけど

まあ、せっかくこの世に生まれでちゃって
放っといても時間は過ぎちゃうんだから
何かした方がいいわよね

でもさ、多くの人間は躊躇するわけじゃない
夢があっても

言い訳だけは一人前なのよ

「美人じゃないから、女優にはなれない」とか
「コンテストで優勝しないと本はだせない」とか
「画家なんて有名にならないと食べていけない」とか
「プロになるほどスキルがない」とか

まあ、何をやってもいいんだけど
それをやる(do)することは
あなたの生を表現することだっていうのは分かる?

あなたが、したいことをすることは
あなたが生きている意味とか、価値とか、他の人との違いを
表現することなのよ

だから、なにもしたいことがない人間っていうのは
存在価値はゼロよ

でもね、何もしたくない人間なんていないわよ
人と比べて、躊躇とかつまらないことしちゃってるだけよね

べつにね、女優とか、作家とか、画家とか、スポーツ選手
っていう形から始めることが全てじゃないのよ

今までの時代はそうだったかもしれないけど
これからは明らかに違うわよ

出してくれるテレビ局がないなら、自分で番組をつくちゃえばいいのよ
出版してくれる出版社がないなら自分で本をつくっちゃえばいいのよ
普段はサラリーマンでも個展をひらいちゃえばいいのよ
持ってるスキルで試合の機会をつくって、それを観客にみせちゃえばいいじゃない

つまり、わざわざ人様に用意していただいたステージで
ビジネスのシナリオに沿わずとも
自分自身がしたいこと、なりたいものになれる時代が来たのよ

マーケティングされた人様の脚本より自分が好きなように動ける
ドラマのほうがあんたは女優として輝けると思わない?
テレビの一瞬より、youtubeにストックされた動画の方が
多くの人の目に触れるかもよ

味気なく印刷された書物よりも
気持ちがこもった手作りの本の方が、読む人の心に響くかもしれないわよ

サラリーマンのあんたにしか見れなかった景色が
あなたのアートにいい影響をもたらすかも

プロは最前線のスキルを保たなきゃすぐにキラれてしまうスポーツ業界より
そのスポーツの楽しさを誰よりも伝えられるあんたの方が息が長いかもね

既存のやり方で成功しようとしているクリエイティブに欠けるあんたなら
この後の時代で名をなすのは難しいかもね

名をなす必要があるかもわたしは疑問だけれどもね
このブログを読んでるあんたはきっとミーハーでしょう

あれもこれも無理って、やりたいことがあるのに
自分につべこべ言い訳する時間があったら
まるごと自分で創っちゃたらどう?











MAHO JULIA TAKAISHI

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿