shoes,,,,shoes,,,,shoes,,,,,



南国ではビーチサンダルかフラットシューズの生活になりがちだけれど
上のビッグサイズのヒールを見て久しぶりにヒール熱が再加熱

日本と違って、タクシーで移動できるから靴も傷まないし
やっぱりヒールを履くべきかもしれない


イタリアのレザー製品が飾られるエグジビジョン


バッグも魅力的だけどやっぱり靴は美しい


英語にはIf I were in you shoes,,,,
という表現がある

「わたしが貴方の立場だったら」


わたしのこの言葉のイメージは
わたしがあなたの靴の中にすっぽりと入ったのなら


あなたの人生を歩き出したならではなくて
靴という世界の中にすっぽりおさまる、そんなイメージ


ああ、できるだけ美しい、カラフルな
驚きのある、多くの、予想もしなかった靴に出会いたいと思う

それは人も同じ

見た事もない世界観を持った靴を
tryさせて欲しい
きっとちがった景色が見れる


この花柄のフラットはBB(ブリジッドバルドー)
若かりし頃履いていた靴

インソールが少し剥げていて
今はもう過ぎ去った彼女の美しい日々をリアルに感じる




彼女は芸術的で美しい男達を翻弄し
そして彼らに導かれるがままに人生を歩いた
 The article about her MUSE MAKER


次は、どんな新しい靴に出会えるだろうか







MAHO JULIA TAKAISHI

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿