アスティエ・ド・ヴィラットと節子・クロソフスカ・ド・ローラ展



アスティエのある暮らし
二人のパリジャンデザイナーが出会い、『理想のオブジェ』を作りはじめた。
白の美意識。アスティエを生活に取り入れている人は間違いなく綺麗な暮らしをしている


5月19日まで青参道のHPデコで開催される『アスティエ・ド・ヴィラットと節子・クロソフスカ・ド・ローラ展』のオープニングレセプションにお邪魔しました。


ASTIER DE VILLATTE (アスティエ・ド・ヴィラット)
イヴァン・ペリコーリとブノア・アスティエ・ヴィラットが1996年に創業したパリ唯一の陶器メーカー。ルーブル美術館の傍にあるサントノーレ通りに2000年に開店したブティックはパリだけでなく、世界中の人々を魅了する場所となっている。


節子・クロソフスカ・ド・ローラ伯爵夫人
スイス、アルプスの麓にある村、ロシニエールに暮らす日本人アーティスト。20代の頃、京都を訪れた画家のバルテュスと出会い、結婚。ヴィラット一家とアスティエの幼少時より親交があり、2013年の再会をきっかけに今回のコラボレーションが実現した。




COLLECTION SETSUKO
パリのアスティエ・ヴィラッドのアトリエにて節子夫人から生まれたコレクション。
煙を吹くネコ、絵筆のナイフ、素焼きの素にカラフルな絵筆の彩色を施したカラフルなチーズボード。


LA BOUGRIE GRAND CHALET
ミモザ、グリーンリーフ、ベルガモット、菩提樹の花、白檀、ムスクのナチュラルなエッセンス。画家が暮らした日々、バテュスが愛した薫香がグラン・シャレに香る。


どこにいても心はパリにあることを、思い出させてくれる香り



あなたの暮らしにもパリのエッセンスと、白の美意識、外国人の画家と運命的な出会いを果たした日本人女性が生み出したクリエイションを生活の中にとりいれてみてはいかがだろうか?

H.P.DECO
東京都渋谷区神宮前5-2-11
TEL:03-3406-0313 OPEN:11:00-19:30

MAHO JULIA TAKAISHI

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿