今以上のコンテンツを消費する時代



そう遠くはない未来……。
人類の余暇は拡大して、今以上にコンテンツを消費することに時間を費やすだろう。
コンテンツとは今のようなゲームの延長線上にあるものかもしれない。
きっともっとスケールが大きいものになるのではないかと予測している。


例えば、それはリアリティースターのキムカーダシアンの5年間を体現するコンテンツかもしれない。あなたの夫はカニエ・ウエスト。キムの人生を経験するあなたはゴージャスで自己顕示欲をたっぷりと満たしてくれる生活をリアルに味わうことができるだろう。

あるいはシャーロック・ホームズとして謎解きをしていく3年間かもしれない。

ワンピースのルフィーとして大海を旅する7年間かもしれない。

そのコンテンツは今の映画のような1,2時間のものではなく、もっと長いスパンで経験するもの。そして、人々は人生の時間を肉体を使った従来のものではなく、VRで創られたコンテンツの消費にあてることになるだろう。


コンテンツを消費している間は、肉体を使うことがない。
だとしたら、人間は真空のカプセルにでも入って肉体の温存と維持を試みるのだろうか
その時代には肉体すら持っていないのだろうか……?

人は1度の人生で多くのストーリーを、物語を、人の人生を経験する。
コンテンツの中ではあたかも自分がその物語の主人公であるように。

そんな時代の足音は既に聞こえている。





MAHO JULIA TAKAISHI

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿