time after time



3年前のことをはっきり思い出せないと
その過去は本当にあったものなのかしらと不思議になる
色々な手がかりがそろって、やっとその時の感情が蘇る


過去というものは思い出す行為によって初めて色づくもので
思い出されることのない過去は、なかったも同然なのかもしれない


それぞれの人生でそれぞれの時を刻む
何年も忘れられない一瞬と
その時交わしたメールを改めて見返して思い出す過去
その時間の濃度は違う
時間の濃さを計る装置があるとしたら
それは濃い方がいいだろう


ある人は言う、心を揺すぶられるような
激しい恋を何年もしていない

ここのメインサブジェクトは恋なのか
それとも心を揺り動かす濃い時間なのか


 朝起きるたび、違う光景を目の当たりにする度
よくわからなくなる
自分はどの軸を生きていたのか
懐かしい人や物が思い出させる
それまでかつての自分はどこかへ身を隠す


この道はどこへ繋がっているのだろう?
毎秒過ぎ去る今はどこへ行ってしまったのか
なぜ、ここにいるのだろう?


MAHO JULIA TAKAISHI

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿